HOME > お墓にまつわるお話し > お墓参り

お墓参り

お墓作りの冥利

お墓は曾祖父母、祖父母、父母、今の私まで連綿と家族のルーツを証明するものです。血縁を大切にしてきた私たちの先輩たちは切磋琢磨してお墓は家族の精神の拠り所としてまた先祖に恥じないよう子育てもしっかりとしてきたのだと思います。戦に敗北後は米国の占領下の教育成果でしょうか。少子化も進みお墓を求める人も減って参りました。色々なお墓の形態(樹木の根元に埋葬してしまう樹木葬、大量の遺骨を収容できる大型納骨堂、山林や、川、海に散骨する自然葬など)がでてきていますが、お墓の歴史を学べばわかります。国民一人一人が誇りを失い、目先の享楽にふけり、社会に目を向けなくなった時に地方も国家も衰退していくに相違ありません。未来の日本の為にも、誇りある日本国民であることを認識できるしっかりしたお墓、家族のルーツの証のお墓を建立することは今こそ重要な事だと感じます。お子さんやお孫さんがお墓参りに来てくれるようになるには墓を建て教え育てることが大切です。

国家を持たない人々は(ユダヤ人など)、住所不定の人々のように流浪の民と化し、信用はなく、悲惨な憂き目に遭う場合が増えます。今まさに中東国家が大量の難民を生んで証明しているではありませんか。お墓は両親や祖父母を大事に思う子孫の躾にも役立つことでしょう。壮大な事業や夢も人の精神から生まれます、お墓も当事者の決意次第で作る事ができるのです。

s-孫の墓参り.jpg

1. お墓参りをすると。。その効用とは

お墓参りをすると人は心が洗われさっぱりすると良く言います。実にその通りなのです。人間だけが感じるこの心の洗濯。父母や祖父母のお墓をお掃除することでどうしてそんなに満足感が訪れるのでしょうか。先祖が喜んでいることがテレパシーで伝わるのでしょうか。。 とにかくお墓参りをするとある種の幸福感に浸れるのです。お墓参りしないとわかりませんが。

s-2014275614238.jpg

2. 人生の方向を示唆してくださいます。

お坊さんは知恵袋。 困ったときに相談してみましょう

霊園と違いお寺には住職がおりお墓を守っています。お寺の場合は僧侶の人格が問われます。寺院墓地は自宅からの距離でもなく第一に大事なのが善良な良識ある和尚さんであるかどうかです。良い和尚さんにで会うことはその方にとっておおきな財産となります。(相談できる間柄になるといいですよ) 和尚さんと心を開いてお話ができる間柄が良いのです。
私どもは、求めた人々が生きて行く上で貴重なドバイスを貰える和尚さんのいる寺をご紹介しています。(そのような和尚は拝金主義にも走りません。)南無の会・会長 故松原泰道先生みたいなお方のお話に耳を傾けてみましょう。心は洗われそして生きる活力を貰えます。

s-oshou illustration_edited-1.jpg

―弊社は良識あるご住職のいらっしゃるお寺をご紹介します。 世の中そうでないお寺もありますがご安心ください

弊社が紹介するお寺のご住職は、保護司をされたり、夏休みに寺子屋を開き檀家の子供たちへ課外教授をしたり、毎年読売ホールで知名人の講演会や音楽会をされたり、地域・社会のコミュニティ構築に努力されています。また、発展途上国の森林保護のためにサトウキビの葉から紙を作る技術を提供したり、近隣諸国に貢献しているご住職もおられます。全て普通のお寺で、ご住職は良識ある素晴らしい方々ですのでご安心していただけます。

水は高いところから低いほうに流れます。お寺もそうです。優しくそして良識を持って檀徒を導いて下さるお寺からは、人は離れ難く、その逆は檀徒をして別離の方向へと決意させます。おごれる者久しからずでしょう。人との出会い・別れ(結婚と離婚)にも通じるところがあります。大切な人を失わないためにはお互いの協力が必要です。

3. 感謝される仕事の冥利

500x500-49152.jpg

―お客様の感謝は全社の喜びです―

お墓を建てた方がお参りなどでお越しの折、明るさが戻りこれからの人生に前向きに取り組みだした姿を拝見した時や、ご当人様から「お世話様でした」とお礼を言われる時に感じます。お客様の感謝は全社の喜びです。

―私たちは常により良い工事の遂行を目指しています―

私どもはお墓の起工に当たり、施主様のご愛顧に感謝し、より良い工事の遂行を目指しています。
(良質な石材確保・最新機器による正確な設計・石材特殊加工・耐震施工など)

―私たちもざっくばらんにお客様のご希望を伺えますように行動します―

私どもはお客様がフランクにご相談できる会社づくりを目指しています。ご縁は大切にします。私達に困ったことや迷いごとがありましたら、遠慮なくご相談下さい。相談だけでも肩の荷が軽くなると思います。

ご相談はお問い合せフォームからでも受け付けております。

お問い合せフォームはこちら


https://www.toyostone.co.jp/column/img/photo004.jpg

奈良薬師寺 講堂
トップへ