HOME > お墓を建てる > お墓のリフォーム

お墓のリフォーム

お墓もリフォームが必要

gojiu.jpg


数代に渡るご先祖の墓石をまとめ合祀し、新継承者の手による改修工事

―都立谷中霊園―


夏の猛暑、冬の厳寒、風雪、嵐に耐えられるお墓ですが、家と同様、永い年月のうちに古くなり、修繕や建て直しなどのリフォームが必要になります。


今、建て替え希望の墓所は第二次世界大戦後15年の間に建てられた墓所と、明治・大正初期のものが多く、逆にそれ以前の墓所は比較的少ないようです。

江戸期の墓、さらには古墳などが立派に現存している事からわかるように、新しい・古いだけでは決められません。

戦後から一時期の間は、外柵にやわらかな大谷石などが使用されました。
そのため、戦後の困窮期に建てたお墓は現在と比べ耐久年数が短くなっています。
現在はより耐久性の高い御影石の外柵に建て替えられる方が多くなっています。


建てられた時代、お墓の材質、施工方法などにより、リフォームする方法も変わりますので、詳しくは弊社までお問合せください。

また、昔は土葬もあり、個人のお墓が林立した墓域に一つか二つの納骨棺を作り、墓石も一つ二つにまとめる改修工事もございます。 

新築の家と同様、新しく改修された墓所は清々しくお墓参りも楽しいものになるでしょう。

東洋石材のリフォーム技術の特徴

私どもは、近代的な工法を取り入れながらも昔の先哲が教えてくれる工法を大切に用いて、一墓所ずつ丁寧な仕事を心がけ、耐用年数の向上を図っています。
弊社の墓石は耐震設計されており、基礎工事は一般住宅の基礎に匹敵する厚めの鉄筋コンクリートを使用、耐用年数は100年を最低目標としています。

施工は万全、低いご予算で修繕・建替えを承ります。 御家に現存のお墓を拝見後、納得されるお見積りを致します。ぜひご利用ください。


お問合せ、お見積り、資料請求はこちらのメールフォームから。
またはお電話で(0120-82-8322)。

リフォームのビフォー・アフター

リフォーム前 リフォーム後

千葉県印西市(共同墓地)ご先祖様は土のお墓から石作りの墓に転居しました。



都立 八柱霊園



都立 谷中霊園


トップへ